ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、2017年7月11日、東京・品川にてPlayStation4(PS4)やPlayStation VR(PS VR)向けの最新タイトルを試遊できるメディア向け体験会を開催した。本稿では当サイトが特に注目した以下の6タイトルのプレイレポートをお届けする。

※本体験会で撮影した写真には、開発中のものが含まれています。予めご了承ください。

Bravo Team

本作はPS VR シューティングコントローラーに対応したPS VR向けの本格FPSだ。2人で協力して迫りくる敵を倒していくというもので、ソロプレイも可能だが、今回は同行していた編集部のTOKENと2人で挑戦することとなった。

戦闘はカバーアクション主体になっていて、車などの遮蔽物に隠れながら銃撃→別のポイントに移動→さらに隠れながら銃撃といった形で進行していく。面白いのは移動の仕方で、戦闘中に移動可能な場所が何カ所かアイコンで表示され、好きな場所を選んで×ボタンを押すとキャラクターがその位置に向かってオートで移動する。撃ち合いが主体になるため、いわゆるFPSというよりもアーケードのガンシューティングに近いゲームと言えるのではないだろうか。

注意すべきはどちらかが倒れれば、もう片方がノーダメージでもゲームオーバーになるというところ。必然的に互いにフォローし合わなければならないし、仲間が倒れたらすぐに治療して戦線に復帰させる必要がある。ボイスチャットも可能なので「やられた、助けて!」、「こっち来て援護して!」、「右から回り込んで!」などと指示を出し合いながら進めていくことが重要になるのだ。

ところが、FPSが苦手な筆者とTOKEN氏は互いにまったく連携しようとせず、各々勝手に進行。ボイスチャットもろくすっぽ使わないというゲームシステムを無視したプレイに終始したため、何度もやり直すハメになった。

それでも、どうにかカバーし合いながら進められるようになりステージをクリア。このようにFPSがまったく得意ではない我々でもどうにかなったくらいなので、決して敷居は高くはない。PS VR シューティングコントローラーでの操作も違和感はなく、個人的にはゲームパッドやマウスよりも使いやすく感じたくらいだ。意外と気軽に楽しめるのでFPSが苦手という人もぜひ体験してみてほしい。

KNACK ふたりの英雄と古代兵団

身体に無数のパーツを付けた不思議な生命体「ナック」が活躍するアクションゲームだ。本作はふたりでの協力プレイが目玉のひとつになっていて、今回の試遊ではSIEのスタッフさんと一緒にプレイすることになった。

ナックのアクションは前作以上に豊富かつ多彩で、パンチやキックのほかジャンプしてのボディアタックやパンチの連打など、さまざまなアクションが使用可能。さらに、タッグ用のアクションも用意されていて、味方の後ろからパンチを連打することで破片を敵に向かって飛ばしたり、強力なパンチで味方を敵に向かって吹き飛ばしたりすることができる。

仲間のところに「ワープ」で移動できるのも特徴のひとつ。ステージ内は動く足場にジャンプで飛び移りながら進んだり、次々に転がってくる巨大な玉をかわしたりと手に汗握る難所の連続だが、2人プレイの場合はどちらかひとりが突破すれば、もう一方はこの「ワープ」を使うだけで簡単にクリアできる。使用制限などもなく、いつでも好きなときに発動できるので、アクションが苦手な人や小さなお子さんも手軽に楽しめるのだ。

ナックが体のサイズを自在に変えられるのも面白い。R1ボタンを押すと、ナックは体に付いているパーツが外れて小さい姿に変化。通常の姿では進めない細い道や天井が低くなっている箇所などを突破できるようになる。このように通常の姿と小さい姿を状況に応じて使い分けながら進むというパズル的な要素も醍醐味のひとつと言えるだろう。

ちなみに、今回の試遊版では「若き冒険家」と「月夜の闘宴」というふたつのステージがプレイ可能になっていた。「若き冒険家」はアクション主体のステージで、いろいろな難所にチャレンジすることができる。「月夜の闘宴」はバトル主体のステージで、中ボスとのバトルをクリアするとより強力なパンチが使用可能になる。他にもさまざまな新アクションが用意されていて、ゲームを進めていくにつれて使えるアクションが増えていくとのことだ。

試遊の方だが、一緒にプレイしたスタッフさんがサクサク進んでくれたおかげで、ワープに次ぐワープでどちらのステージも楽々クリアすることができた。とはいえ、ステージ内に登場する仕掛けの数々はけっこう歯応えがあり、恐らくひとりでプレイしていたら何度もやり直すことになっていただろう。ステージのあちこちにパーツが隠されていて、それらを集めることで新たな武器が使用可能になるなど、やり込み要素も多く、アクション好きも存分に楽しめそうだ。

Detroit: Become Human

「HEAVY RAIN」や「BEYOND: Two Souls」を手がけたQuantic Dreamの最新作。人間そっくりの精巧なアンドロイドが一般化した近未来を舞台に、アンドロイドたちの視点からさまざまなエピソードを追体験するというもので、人間とアンドロイドの相克を描いたハードなストーリーを楽しめる。

今回プレイしたエピソードは捜査官をしている男性アンドロイドのコナーが人質救出に挑むというものだ。犯人もアンドロイドで、ハウスキーパーをしていたが突然主人を殺害。人質の娘とともに高層マンションの屋上におり、この犯人との交渉にコナーが向かうところから物語は始まる。

「HEAVY RAIN」や「BEYOND」でおなじみの独特の操作は健在で、本作でもアナログスティックをさまざまに傾けたり、タッチパッドをスライドしたりして怪しい箇所をチェックすることが可能。これらの操作を駆使して証拠を収集することで、直前に何が起こったか再現できるようになる。

例えば、犠牲者が撃たれた瞬間を再現すると、彼が手に何かを持っていたことが判明。それが飛んでいった場所を探すことで犯人の動機に繋がる物が見つかるといった具合だ。そのほか、水槽から飛び出した金魚や吹きこぼれそうな鍋など、一見事件と関係なさそうな物も調べることが可能になっていて、それらにどう対処したかによって展開が変わる場合もあるそうだ。

ある程度捜査を進めると屋上に出られるようになり、いよいよ犯人と対峙。選択肢を選びながら交渉を進め、犯人を説得していくことになる。交渉中は相手の感情度のような数値が表示されており、落ち着かせることができると上昇。逆に、怒らせたりすると数値が下がっていってしまう。また、交渉しながら犯人に近づいていくことも可能で、この犯人との距離も結果を分けるポイントのひとつになっている。

筆者は犯人を落ちつかせようとしたのだが、逃走手段を用意しろという要求を拒否したところ、一気に数値が落ちてしまい交渉は失敗。犯人は屋上から飛び降りてしまったが、幸いギリギリで少女を助けることはできた。もっともコナーは犯人と一緒に屋上から落下。ミッションは成功となったものの、何とも釈然としない結果となった。

もちろん、ちゃんと交渉が成功する場合もあるし、逆に犯人と一緒に人質も死んでしまうこともあるなど展開はさまざま。プレイヤーの行動や選択によって物語が大きく変化するので、まったく異なる多彩な展開を楽しめる。ストーリーもドラマ性たっぷりで、こちらも大いに期待したい。

エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン

超音速の戦闘機を操って、ドッグファイトを繰り広げる人気フライトシューティングのシリーズ最新作だ。今作はPS VRに対応しており、これまで以上にリアリティ抜群のフライトバトルを楽しめる。

今回のデモ版は空母から発艦するシーンからスタート。射出時の加速する感覚はリアル感抜群で、思わず「おおっ」と声を上げそうになった。そのまましばらく飛んでいくと敵機が出現。互いの背後を取り合うおなじみのドッグファイトを体験することができた。

とはいえ、私の戦果は悲惨のひとことで、ほとんど撃墜できないままタイムオーバーで試遊は終了。筆者はこのシリーズをそれなりにプレイしてきたのだが、VRでのエースコンバットは初体験だったからか、リアルなスピード感にとまどったり、ホンモノのパイロットが遭遇するような「自分の位置がうまくつかめない」現象に遭遇したりで、かなりおぼつかないフライトになってしまった。

このようにPS VRでのプレイはエースコンバットシリーズにとって新境地ともいえるパイロット体験になっており、シリーズのファンもまったく新しい感覚を体感できる。もちろん、大空を自由に飛び回る爽快感や浮遊感、ドッグファイトの迫力もバツグンで、これまで以上にテンションが上がること間違いなしだ。

なお、VRモードはコックピットモードのみのプレイとなるようで、やはりこの視点がもっとも没入感が高いのではないだろうか。

MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」は、「ファイナルファンジーXV」の世界を舞台にしたPS VRゲームだ。「フィッシングアクション」と銘打たれているとおり「釣り」にスポットを当てたタイトルで、ノクトらおなじみのキャラクターたちと本格的なフィッシングを楽しむことができる。

ゲームは一人称視点で操作はPS Moveで行う。まず、ソナーを使って魚のいそうなポイントをスキャン。魚のいるエリアが青いサークルで表示されるので、そのポイントに向かってPS Moveでルアーを投げ込む。うまくポイントにルアーを投げ込むことができれば魚がヒット。もう片方のPS Moveを操作してリールを巻き、魚を釣り上げるというわけだ。

ルアーを投げ込むときにはMoveボタンを押しながらPS Moveを振りかぶる。そして、前方に向かって振り抜く瞬間にタイミングよくボタンを放つと、目標に向かってルアーが飛んでいくという仕組みだ。最初はなかなかコツがつかめず、手前に落ちてしまったり、あさっての方向に飛んでいったりしたが、決して難しいものではない。遠くのポイントにルアーをうまく飛ばせたときの爽快感も格別で、釣り好きにはたまらないのではないだろうか。

巨大な魚型のモンスターとバトルになることもある。水面を泳ぎ回るモンスターにボウガンを撃ち込んでダメージを与えていき、ある程度弱らせたら「釣り」で捕獲できるようになるのだ。ただし、一定時間が経過すると回復してしまうため、素早くモンスターのいるポイントにルアーを投げ込まなければならない。これがなかなかプレッシャーで、実際筆者は焦って操作をミスりまくり、回復を許してしまうハメになった。モンスターが自分の方に向かって突っ込んでくることもあるなど映像も迫力満点で、VRならではのスリリングなフィッシングを楽しめる。

※画面は開発中のものです。

THE INPATIENT

最後に紹介する「THE INPATIENT」は「Until Dawn」シリーズの制作チームが開発を手がける、アドベンチャーテイストのVRホラーゲームだ。「INPATIENT」とは「入院患者」という意味で、タイトルどおり病院が舞台になっているようだ。

ゲームが始まると医者と思しき老人がいろいろと質問をしてくる。回答方法はいたって単純で、左右に選択肢が現れるので選びたい方を向いて×ボタンを押せばいいだけ。いくつかの質問に答えると場面が変わり、今度は病室を思わせる部屋に移行。そこには怪しげな男がおり、彼と会話をしたあと室内を調べて回ることになる。調べられるオブジェクトは光って表示されるので見落とす心配はなしだ。

室内を調べ尽くし、男との会話も一通り終えるとベッドで寝られるようになる。すると、今度は不気味な廊下に立っていて、思いもよらぬタイミングでビックリシーンが! このシーンは完全に虚を突くもので、筆者はけっこうホラー慣れしているのだが、ビビって軽く声を上げてしまった。かくして驚きのまま今回のプレイは終了となった。

今回のバージョンはキャラクターの会話がすべて英語で、筆者の英会話レベルは中学生以下ということもあって、正直内容を十分に把握することはできなかった。ただ、主人公が車椅子に拘束されていたこと、追われていたことを示唆するような回想シーンらしきものがあったことなどから主人公自身に大きな謎があるのだと思われる。そして、その謎を解き明かしていくというのがゲームの大きな目的になっているようだ。

今回プレイできたのはほんのさわりの部分だけだったが、雰囲気は非常に不気味かつサスペンスフルで背筋がジワっとくる感覚を味わえる。プレイヤーの虚を突くビックリ要素もいろいろありそうで、ホラー好きなら間違いなく楽しめるだろう。まだまだ謎の部分が多いが個人的にも大いに期待したい。

(C)Sony Interactive Entertainment Inc.
(C)Sony Computer Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.
Ace CombatTM 7: Skies Unknown & (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C) DigitalGlobe, Inc. All Rights Reserved.
Unreal(R) is a trademark or registered trademark of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. Unreal(R) Engine, Copyright 1998 – 2016, Epic Games, Inc. All rights reserved.
All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.
(C) 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    幻想的な水辺で釣りとバトルと友情と――PS VR「モンスター オブ ザ ディープ: ファイナルファンタジーXV」プレイレビュー!

    幻想的な水辺で釣りとバトルと友情と――PS VR「モンスター オブ ザ ディープ: ファイナルファンタジーXV」プレ...

  2. 2
    剣を振るってミストを守れ!デスゲームを生き抜くVRゲーム「ソードアート・オンライン レプリケーション」体験レポート

    剣を振るってミストを守れ!デスゲームを生き抜くVRゲーム「ソードアート・オンライン レプリケーション」体験レポート

  3. 3
    「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」のもう1つの物語「アルトリア・ペンドラゴン VRドラマ」が公式発表!

    「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」のもう1つの物語「アルトリア・ペンドラゴン...

  4. 4

    PS VR内の大画面シアターで映画・アニメが楽しめる「シアタールームVR」のβテストが12月13日スタート!「劇場版SAO」「キングスグレイブFFXV...

  5. 5

    6thLIVEはメットライフドーム、ナゴヤドームでの2大ドーム公演に!「アイドルマスター シンデレラガールズ」6周年イベントをレポート

  6. 6

    アミューズメント施設で新感覚のVR体験を!「VRセンス」の導入店舗が発表

  7. 7

    PS4・PS VRのメディア向け体験会にて「ワンダと巨像」、「Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―」など4タイトルを一足先にプレイ!

  8. 8

    義体、光学迷彩、そして銃撃戦―「攻殻機動隊」の世界を凝縮した対戦型のVRアクティビティ「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth H...

  9. 9

    マシュ・キリエライトに“逢える”Fate VRドラマ「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」が配信開始!

  10. 10

    あの“死神”が再び目を覚ます――PS VR対応ガンアクションゲーム「GUNGRAVE VR」が12月14日配信開始!

VRゲームニュース一覧を見る