ウォーゲーミングジャパンは、WargamingとVRTechが連携しVRゲーム提供会社「Neurogaming」を設立したと発表した。

VR初となるゲームタイトルは「World of Tanks VR」を予定しており、「World of Tanks」が新たなるプラットフォームに導入されることになります。「Neurogaming」はキプロス、ニコシアに本社を置いており、開発スタジオはモスクワに設立されます。2018中にはヨーロッパに、3月までにはアムステルダムとニューヨークにオフィスを増設することを計画しています。

現在、「Neurogaming」はエンターテイメント向け VR ソリューションの「CinemaVR」テックの開発を行っています。「CinemaVR」の特徴はマルチプレイと協力プレイにあり、2017年にはロシアの36ヶ所のモールで体験版が試行され、のべ18万人以上のプレイヤーが体験し好評を得たことから、十分可能性のあるコンテンツと判断されています。

Wargamingは、さらに東京ゲームショウ 2017とgamescom2017で展示され好評を博したVR ゲーム「PolygonVR」にも着目しており、VR 部門に力を注いでいます。「PolygonVR」は長時間のマルチプレイにも対応しており、e-sportsからも注視されています。「CinemaVR」と「PolygonVR」を組み合わせた新体験は、ロシア最大のVR パーク「VR Park City」で楽しめます。

関連会社「VR Tech」の公式サイトhttp://vrtech.global/index_eng.html

(c) Wargaming.net

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。