• VR専用シューティング「ガンナーオブドラグーン」が東京ゲームショウに初出展!

ワイルドマンは、開発中のタイトル「ガンナーオブドラグーン」を、9月20日より開催される「東京ゲームショウ2018」内インディーゲームエリアA-80ブースに出展する。

製品特長
世界を彩る美麗なグラフィックス

VRゲームにおいて、世界の美しさはとても重要です。ガンナーオブドラグーンでは、数々のゲーム・アニメ作品にコンセプトアーティストとして携わっている気鋭のイラストレーター「よー清水」氏の作画による圧倒的なキービジュアルに恥じぬ幻想的な世界観を現代のゲームグラフィックス技術で表現することにより没入感を高めています。

大切なVR体験を酔いで終わらせないために

現代技術によるVR体験のネックは没入感の高さによる「酔い」です。ガンナーオブドラグーンでは、業界の培ってきたノウハウの蓄積による酔いを生じにくいレベルデザイン、さらに「ハシラス」の協力によるゲーム連動型のロデオマシンと送風ファンを活用し、ソフトウェア・ハードウェアの両面からのアプローチで過去にVR HMDを被って酷く酔ってしまった経験のある方でも快適に楽しめるVR体験を実現しました。

世界観を彩る楽曲

VR体験だからこそ、世界のイメージを司る「音」は非常に重要です。ガンナーオブドラグーンでは、「AZEL-パンツァードラグーンRPG-」「クリムゾンドラゴン」などの楽曲を手掛けたエスニック・ミュージック・ユニット「茜-AKANE-」の「小林早織」氏のオリジナルサウンドトラックより楽曲「天翔ける」をBGMとして採用しています。

製品概要

製品名:ガンナーオブドラグーン(英名:The Gunner of Dragoon)
対応予定プラットフォーム:SteamVR、Oculus、Vive Wave
リリース時期:2019年予定
開発・販売:ワイルドマン
出展場所:幕張メッセ9ホール 東京ゲームショウ2018 インディーゲームエリア A-80

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    「Last Labyrinth」の制作秘話などが明かされたファンミーティングをレポート!

    「Last Labyrinth」の制作秘話などが明かされたファンミーティングをレポート!

  2. 2
    全滅必“死”!?「ドラゴンクエスト VR」で大魔王ゾーマが最凶の状態で登場するイベントが12月21日より開催

    全滅必“死”!?「ドラゴンクエスト VR」で大魔王ゾーマが最凶の状態で登場するイベントが12月21日より開催

  3. 3
    「ソード・オブ・ガルガンチュア」アドベンチャーモード「テサラクト・アビス」が12月5日に実装!

    「ソード・オブ・ガルガンチュア」アドベンチャーモード「テサラクト・アビス」が12月5日に実装!

  4. 4

    PS VR「ホームスターVR SPECIAL EDITION」が本日発売!福山潤さん、大原さやかさんらのナレーションが聴けるPVも公開

  5. 5

    「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」REARITYとのコラボ番組が12月16日に配信!

  6. 6

    VR脱出アドベンチャー「Last Labyrinth」の体験版がPS StoreとSteamで配信開始!

  7. 7

    フル3Dでよみがえる現代童話の世界―PS4「DEEMO -Reborn-」が本日発売!楽曲パック3種も配信スタート

  8. 8

    Valveが開発した最新鋭のVRハードウェア「VALVE INDEX」の日本国内正規品取扱が11月28日より開始!

  9. 9

    VR e-Sportsに力を入れるDragonFlyはVRゲームシステム「MAGIC ARENA」を出展【G-STAR2019】

  10. 10

    好きな楽曲で遊べるVR専用リズムアクションゲーム「SOUNDART」が2020年初旬に配信!

VRゲームニュース一覧を見る