• 「バイオハザード7」の世界を実際に探索できるフリーロームVRホラーアトラクション...

ダイナモピクチャーズは、「バイオハザード7 レジデント イービル」の世界をVRで実際に歩き回るフリーロームVRホラーアトラクション「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」を、2019年10月よりリリースすると発表した。

「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」は、「バイオハザード7」の世界を最大4人で歩くフリーロームVRホラーアトラクション。プレイフィールドはなんと約450㎡。プレイヤーは、VRゴーグル「HTC Vive Pro」とZOTAC製バックパック型PC「VR GO 2.0」を装着し、自らの足で広い屋敷を探索する。VRゴーグルのイヤーパッドに加え、外部スピーカーによる立体音響システムが採用。VRの没入感にさらなる臨場感をプラスしている。

本作はカプコン監修のもとダイナモピクチャーズが開発・制作、全国への展開を実施。また、第1号ロケーションとして2019年10月26日よりアミューズメント施設「プラサカプコン 池袋店」のVR-X内での稼働が発表された。

特徴

2~4人のマルチプレイで、恐怖に満ちた広い屋敷の中を歩み進んでいく究極のフリーロームVRホラーアトラクションで、そのプレイフィールドは約450㎡にも及びます。

HTC VIVE製VRゴーグル「HTC Vive Pro」とZOTAC製バックパック型PC「VR GO 2.0」を装着し、10.5m×7mのエリアを自らの足で探索します。VRゴーグルのイヤーパッドに加え外部スピーカーによる立体音響システムを使用しVRの没入感にさらなる臨場感をプラスしています。

ゲームソフト「バイオハザード7 レジデント イービル」で使用されているCGモデルを活用。また、スムーズなステージ切り替えにより没入感を損なうことなく「バイオハザード7 レジデント イービル」を舞台にした大きなエリアを行き来する体験ができます。プレイヤーは、限られた弾丸を駆使し、仲間と協力して恐怖の屋敷から脱出を目指します。

アトラクションストーリー

アメリカ・ルイジアナ州では行方不明事件が多発していた…。それぞれの理由で渦中のルイジアナ州を訪れていたプレイヤー達は、突然何者かに襲われ気を失ってしまう。気がつくと大きな屋敷の地下室に捕らわれていた!その屋敷の家主はジャック・ベイカー。いったい誰がプレイヤー達を誘拐したのか…。幸いにも銃を所持していたプレイヤー達は、同じ境遇にある者同士、協力して脱出を試みることになる…。

概要

ジャンル:フリーロームVRホラーアトラクション
タイトル:BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR
プレイ時間:最大約20分
プレイ人数:2名~4名
プレイエリア:10.5m×7m
開発・制作:株式会社ダイナモピクチャーズ
監修:株式会社カプコン
協賛:株式会社ゾタック日本

「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」公式サイト
http://dynapix.jp/am/biohazard7_vr/

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Dynamo Pictures,inc

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    VRゲーム「デュエル・オブ・ガルガンチュア」初の公式大会が2月22日・23日に大阪で実施!

    VRゲーム「デュエル・オブ・ガルガンチュア」初の公式大会が2月22日・23日に大阪で実施!

  2. 2
    VR RPG専門のゲーム開発会社・VR RPGが設立―「クインズナイト」のゲームタイトルが「ナイトオブクイーン」に変更

    VR RPG専門のゲーム開発会社・VR RPGが設立―「クインズナイト」のゲームタイトルが「ナイトオブクイーン」に変...

VRゲームニュース一覧を見る