• 仲間と協力してベイカー邸から脱出せよ!フリーロームVRアトラクション「BIOHA...

キュープラザ池袋・3階のプラサカプコン池袋店にて、10月26日よりフリーロームVRホラーアトラクション「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」の稼働が開始される。ここでは、本アトラクションの先行体験レポートをお届けする。

「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」は、映像エンターテインメントを幅広く手掛けるダイナモピクチャーズが、カプコンの監修のもとに制作したフリーロームVRアトラクションだ。

プレイヤーは最大4人でチームを組み、限られた弾丸を駆使しながら、仲間と協力してベイカー邸からの脱出を目指すことになる。

同じプラサカプコン池袋店内でプレイできるVRアトラクション「BIOHAZARD VALIANT RAID」がガンシューティングに重きを置いて、こちらでは探索を重視し、フィールド内をある程度自由に動き回れる点が特徴的だ。

会場内では、「バイオハザード」シリーズに登場する銃器「サムライエッジ」や「トールハンマー」のガスガンが展示されていた

アトラクションのストーリーは、行方不明事件が多発するアメリカ・ルイジアナ州にそれぞれの理由で訪れていたプレイヤーたちが、突然襲われて閉じ込められた謎の屋敷の地下室から脱出を目指すというもの。アトラクションの予約状況によって変化すると思われるが、他のプレイヤーと2人から4人のチームを組んで、一緒にプレイすることになる。

プレイする際には、参加者一人一人に本アトラクションオリジナルのキャラクターが割り振られる。アトラクションをプレイ中は、各自がそのキャラクターとして表示されるというわけだ。ちなみに筆者に割り振られたのは、放浪癖のある個性派弁護士だという「スーザン・ロス」。なお、どのキャラクターでも、プレイ体験に差が生じることはなかったので安心して欲しい。

プレイヤーに割り振られる4人の他にも、2人の捜索届が存在。
そのうち、ポール・ハリスは本アトラクションにおいてガイド役を務めるキャラクターだ。

プレイエリアは10.5m×7mの広々としたスペースを取っている。このエリアで、HTC VIVE製のVRゴーグル「HTC Vive Pro」を装着し、ZOTAC製バックパック型PC「VR GO 2.0」を背負った4人が一緒にプレイすることになる。

なお、「VR GO 2.0」は20代男性の筆者でもずっしりと重量感を感じたので、これを身に着けて数十分歩き回ることを考えると、女性や華奢な男性は少し疲れてしまうかもしれない。

アトラクションは、プレイヤーたちが地下室で目覚める場面から始まる。冒頭ではいきなり、「バイオハザード7 レジデント イービル」でお馴染みのジャック・ベイカーとモールデッドが登場。VRゴーグル越しでこちらに迫りくるその姿は、通常のテレビ画面では味わえない緊迫感と恐怖を感じさせる。攻撃を受けた際などは、思わず目をつむってしまったほどだ。また、コンクリートの壁で囲まれた薄暗い地下室は独特の息苦しさを醸し出しており、同作の不気味でイヤな雰囲気を再現しているだろう。

本アトラクションでは、入手できる弾薬が非常に少ない。持てる弾数は最大6発で、一度に拾える数も3発程度なので、恐怖に負けて無駄撃ちしてしまうとあっという間に弾切れになってしまう。さらに、各キャラクターはそれぞれプレイヤーカラーが設定されており、弾薬は各プレイヤーカラーと同じ色の弾薬箱しか拾えないという制約も存在するため、弾薬は大切に使っていこう。

また、チーム内で一人でもやられてしまうと脱出失敗となるため、是非ともプレイヤー同士で連携したいところだ。ヘッドホンをしてしまうために声を掛け合うことなどはできないが、全員初対面の筆者のチームでも、弾薬の場所を教え合ったりなどが起こる場面があった。助け合いの精神さえ忘れなければ、うまく進めていくことができるだろう。

30分ほどで先行体験は終了。アトラクションを一通り体験してみて感じたのは、冷静に周囲を観察すれば決しててクリアできない難易度ではないという点だ。筆者のチームは脱出目前でミスをして悔しい結果に終わったが、そのミスも些細なものであり、充分にクリアできる可能性があった。難しい謎解きなどもないため、友だちを誘ってぜひ挑戦してみて欲しい。

アトラクション概要

ジャンル:フリーロームVRホラーアトラクション
タイトル:BIOHAZARD 7 WALK THROUGH THE FEAR
体験時間:15分~20分
体験人数:2名~4名
システム:VIVE PRO+バックパックPC
展開サイズ:10.5m×7m
機器構成(予備除く):
HTC Vive Pro+コントローラ1台×4セット/ZOTACバックパック型PC×4台/ホストPC×1台/音響制御PC×1台/スピーカー機器一式×8

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Dynamo Pictures,inc

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    自分のミスで死んでしまう少女に己の心が持たない!「Last Labyrinth」インプレッション

    自分のミスで死んでしまう少女に己の心が持たない!「Last Labyrinth」インプレッション

  2. 2
    描きたかったのは少女との交流と新しい体験。VR脱出ゲーム「Last Labyrinth」インタビュー

    描きたかったのは少女との交流と新しい体験。VR脱出ゲーム「Last Labyrinth」インタビュー

  3. 3
    「Last Labyrinth」の制作秘話などが明かされたファンミーティングをレポート!

    「Last Labyrinth」の制作秘話などが明かされたファンミーティングをレポート!

  4. 4

    全滅必“死”!?「ドラゴンクエスト VR」で大魔王ゾーマが最凶の状態で登場するイベントが12月21日より開催

  5. 5

    「ソード・オブ・ガルガンチュア」アドベンチャーモード「テサラクト・アビス」が12月5日に実装!

  6. 6

    「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」REARITYとのコラボ番組が12月16日に配信!

  7. 7

    フル3Dでよみがえる現代童話の世界―PS4「DEEMO -Reborn-」が本日発売!楽曲パック3種も配信スタート

  8. 8

    Valveが開発した最新鋭のVRハードウェア「VALVE INDEX」の日本国内正規品取扱が11月28日より開始!

  9. 9

    VR脱出アドベンチャー「Last Labyrinth」本日発売!緊迫したシーンが満載のトレーラーも公開

  10. 10

    VR e-Sportsに力を入れるDragonFlyはVRゲームシステム「MAGIC ARENA」を出展【G-STAR2019】

VRゲームニュース一覧を見る