• eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」β版がついにオープン!リアルとバーチャルが...

国内最大級のe-sportsイベント「RAGE」が運営するe-sports専用VR施設「V-RAGE」β版が3月15日にオープンした。バーチャル空間でのe-sports観戦とはどのようなものなのか、取材する機会が得られたので紹介していこう。

「V-RAGE」は国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」が運営するeスポーツ専用VR施設だ。クラスター社が提供するバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を利用したもので、スマートフォンやPCを介してeスポーツ大会の観戦やイベント参加などをバーチャルで体験できる。さらにVRデバイスにも対応しており、「Oculus Rift」や「HTC VIVE」などのVR機器を使用することで、バーチャル空間でのまったく新しいeスポーツ体験を楽しめるのだ。

サービスが開始された3月15日には、同日に行われた「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS」が開催。M-1グランプリ2019の王者・ミルクボーイが3Dキャラ化してオリジナルネタを披露するVR漫才や、人気ストリーマーの「もこう・つるおか(かものはし)」がVR配信を行うなどの連動企画も実施された。

RAGE総合プロデューサーの大友真吾氏は、かねてから日本ではまだまだ「eスポーツを観戦する」という文化が根付いていないと感じていたそうで、本サービスをコア層以外の一般の人たちが観戦するきっかけにしたいと語る。MMORPGやTPSなどのゲームをプレイしている感覚でeスポーツ観戦を体験できるので、新たなコミュニティの場として活用してもらうことでeスポーツ観戦の機会を広げていきたいと期待を述べた。

「cluster」の開発元であるクラスターの成田暁彦氏は「RAGE」の思想、世界観の踏襲を第一に考えたと説明。今回、新型コロナの影響で無観客での開催になったこともあって、よりフィジカルな体験・リアルな臨場感の提供に注力したという。たとえば会場内を走り回っているユーザーがいたりするのだが、これはリアルさを実感してもらうための演出の一環で、実際のユーザーではなくコンピュータ上で動かしているとのことだ。

クラスターの成田暁彦氏(左)とRAGE総合プロデューサーの大友真吾氏(右)。

もちろんバーチャルならではの演出にも力を入れていて、ミルクボーイがオリジナルネタを披露したステージでは、お二人が巨大化して登場するなどリアルでは不可能なさまざまな試みを行っているという。勝者が決定した瞬間や表彰式でも、花火を打ち上げるなど「RAGE」の世界観を加速させる自由な演出を行いたいと意気込みを述べた。また、今後は「cluster」上でユーザーがゲームをプレイできるようなサービスの実現も目指しているそうだ。

現在、VRで体験できるのは「Oculus Rift」や「HTC VIVE」といったハイスペックVRのみだが、「PlayStation VR」での対応も検討しているとのことなので、そちらも期待したいところだ。

こちらがオペレータールーム。当日の進行に合わせて、さまざまな演出を行う。
まずはスマートフォンでの体験の充実に力を入れていきたいと成田氏は語った。

「V-RAGE」を実際に体験することができたので、簡単な印象もお伝えしておこう。ログインして少し進むと巨大な「V-RAGE」スタジアムが出現。視点は1人称、3人称の切り替えが可能でバーチャル空間内を自由に動き回ることができる。なお、今回利用できるアバターは1種類のみだったが、今後どんどん種類を増やしていき、さまざまにカスタマイズできるようにしたいとのことだ。

ロビーでは「RAGE」の歴史や過去の大会の模様などが見られるようになっていた。ブースを設置してのイベントの開催なども考えているそうで、会場でのグッズ販売も行いたいとのこと。購入したグッズをアバターに着せられるだけでなく、本物も後日郵送で届くというサービスも考えているそうなので大いに期待したい。

ロビーを抜けると巨大な大会会場が眼前に広がる。思った以上に場内は広く、あちこち動き回ってもいいし、じっくり観戦してもよい。拍手をしたり、笑顔などの絵文字を出したり、サイリウムを振ったりと、さまざまなエモーションも利用可能だ。さらにコメントを入力したり、スクリーンショットを撮影してSNSに投稿したりすることもできるなど、自由に観戦やコミュニケーションを楽しむことができる。

もちろん暴言を入力できないなどのセキュリティ機能も搭載。運営側が悪質なユーザーをBANする機能も装備されているとのことなので安心して観戦を楽しめる。グループビューイング機能を利用できるのも魅力だ。URLを共有することで同じサーバーに入れるというもので、チャットなどをしながら仲間同士で観戦することができる。また、現在は未実装だがボイスチャットも利用可能になるとのことだ。

同時接続できる最大ユーザー数は1万人で、ひとつのサーバーに最大で50人が入場できるという。
「AbemaTV」や「OPENREC.tv」などで試合を観戦しつつ「V-RAGE」で交流を楽しむといった使い方もできる。

VRデバイスでのプレイも体験することができた。やはりVRでの体験は臨場感抜群で、スタジアムの巨大感は圧倒的。より会場が広く感じられるためか、あちこち見て回るのだけでも楽しく、最初は試合そっちのけになってしまうことだろう。もちろんVR上でもさまざまなエモーションを出したり、スクリーンショットを撮影したりすることが可能。操作も直感的で誰でもすぐに楽しめるので、VRでも体験してみることをぜひおすすめする。

現在はまだβ版だが、夏か秋ごろにさらに進化したバージョンをリリース予定とのこと。プロ選手と交流できる空間の提供など、さまざまな新サービスも考えているそうなので、今後のさらなる展開に注目したい。

ちなみに、プラットフォームとして利用されている「cluster」だが、Vtuverのライブやファン感謝祭など、いろいろなイベントに利用されているという。誰でも自由に利用することが可能で、ちょっとした学会やカンファレンスなどにも使われているとのこと。非常にユニークかつ面白いサービスなので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

述べ参加人数10041人という大盛況であった。
(C) RAGE

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    PS VR向けアクション・アドベンチャーゲーム「ザ・ウィザーズ」が本日発売

    PS VR向けアクション・アドベンチャーゲーム「ザ・ウィザーズ」が本日発売

  2. 2
    VRアニメ「からかい上手の高木さんVR 1学期」がOculusストア&Steamストアでリリース!

    VRアニメ「からかい上手の高木さんVR 1学期」がOculusストア&Steamストアでリリース!

  3. 3
    「マーベルアイアンマン VR」は7月3日に発売―プレイステーション公式Twitterで発表

    「マーベルアイアンマン VR」は7月3日に発売―プレイステーション公式Twitterで発表

  4. 4

    PC版「ナイトオブクイーン」の発売日が5月29日に決定!Oculus Rift(Rift S)とVIVE(Pro)に対応

  5. 5

    昔ながらのRPGをVRで体験できるターン制コマンドバトルRPG「ナイトオブクイーン」がSteamで発売!

VRゲームニュース一覧を見る