• 「東京クロノス」のシリーズ最新作となる「ALTDEUS: Beyond Chro...

MyDearestは、Oculus Quest/Oculus Rift向けVRインタラクティブストーリーアクション「ALTDEUS: Beyond Chronos」(アルトデウス: ビヨンドクロノス)」を2020年下期に発売すると発表した。

VRゲーム初の長編アドベンチャーゲームに挑み、Oculus EssentialsやSteam VR部門でブロンズを受賞するなど「東京クロノス」で高い評価を受けたMyDearestが挑むのは、「VR×SF×歌姫」をテーマにしたVRインタラクティブストーリーアクション「ALTDEUS: Beyond Chronos」。

人型都市防衛兵器「マキア」に搭乗して戦う“Augmented Machine Action”とVRライブを楽しめる“Brilliant Noa's Live”、プレイヤー自身が結末を紡ぐ“Choices of Changing Your Fate”の3つのパートで物語が進行する。

本日7月22日20時より配信されるオンライン記者発表会に先駆け、本作のキービジュアルやPV、参加スタッフが先行公開された。

前作「東京クロノス」から監督の柏倉晴樹氏、キャラクターデザインのLAM氏、サウンドディレクターの郡陽介氏、シナリオライターの小山恭平氏が続投。

新しくシナリオライターとしてカミツキレイニー氏、SF考証・シナリオライターとして高島雄哉氏、作中に登場する人型都市防衛兵器「マキア」のメカデザイナーをI-IV氏、そして音楽は高橋邦幸(MONACA)氏とkz(livetune)氏が担当している。

また、オンライン発表会の実施を記念して、#アルトデウスBCで実況ツイートするTwitter記者(協力者)が募集中。制作陣(スタッフとキャスト)が選んだ最優秀協力者には、後日スペシャルなインセンティブも用意されているとのこと。

「東京クロノス」から約300年後の世界を舞台に、主人公たちはどんな選択と決断を行うのか。これまでの常識を打ち破る<あなたが紡ぐ物語>は、2020年後半に始動する。

「ALTDEUS: Beyond Chronos」ストーリー

2080年。人類は突如出現した超巨大生物<メテオラ>によって地下へ救いを求めた。半径2キロの地下都市<A.T(Augmented Tokyo)>が人類最後の砦となっている。

2280年。メテオラに対抗する組織<プロメテオス>に属するクロエは、人型都市防衛兵器マキアを操り、厳しい戦線を戦友たちと生き抜いてきた。

地下都市を<メテオラ>から守護し、いつか地上世界を取り戻す。人類の目的とは乖離した意思で、クロエは今日も引き金を引く。全ては“親友だった”コーコのため。あの時、あの瞬間の選択と決断がクロエの心を焦がす。

そして、運命の歯車は急速に音を立てて廻りはじめる――。コーコの姿をした<メテオラ>の襲来。そう、これがクロエの<現実>なのだ。

未来を起動<ブート>しろ

「ALTDEUS: Beyond Chronos」は3つのパートで物語が進行します。

A:Augmented Machine Action (人型都市防衛兵器「マキア」)

人類の敵である「メテオラ」を殲滅すべく創造された戦闘マシン「マキア」。このマシンを起動しコクピッドに搭乗するのはあなた自身。サポートアーク、ノアの歌声が響く中、マシンの起動/バリア展開/ARライフル合体など、ハンドジェスチャーで制御・展開。戦闘中に迫られる選択と行動。あなたの決断によって、戦いの趨勢は変わり、物語に影響を及ぼしていく―

B:Brilliant Noa's Live (電脳空間で紡ぐ光り輝くVRライブ体験)

テクノロジーが発達した2280年。度重なる「メテオラ」の襲来により地下においやられたこの世界の人々にとって大きな希望である、”歌姫ノア”。人々を魅了する圧倒的なライブ体験がVRで、あなたの目の前で開演する―。

電脳空間で行われるライブは未来そのもの。ノアが歌い、踊り、あなたと視線をあわせ、微笑みかけ、これまでにない体験を紡ぎあげる。さぁ、開演の準備は整った―「Are you Ready for?」

C:Choices of Changing Your Fate (決断補助システム ─リブラ(LIBRA)─)

ALTDEUS:Beyond Chronosの舞台となる2280年。人々は、意思決定の負担を減らし精度を高めるために発明されたパーソナルAI「リブラ」を使用している。

プレイヤーのあなたは、物語中にリブラが導き出す数々の提案を“決断”し選びとる。そのアクションによってクロエたちの物語はめまぐるしく変化し、結末にも影響をあたえるマルチエンディングストーリーとなる。あなたが“決断”するのは果たして―。

「ALTDEUS: Beyond Chronos」オンライン記者発表会

日時:2020年7月22日(水)20:00~21:30

ライブ配信のURL
https://www.youtube.com/watch?v=1tKJYb5OYY4&feature=youtu.be

出演

石川由依
柏倉晴樹
岸上健人

「ALTDEUS: Beyond Chronos」の主演キャストもゲストとして登場!

※出演者に関しまして一部変更となる可能性がございます

本発表会のTwitter記者大募集!

オンライン発表会の模様を#アルトデウスBCで実況ツイートしてくれるTwitter記者(協力者)を大募集中です。制作陣(スタッフとキャスト)が選んだ最優秀協力者には後日スペシャルなインセンティブも!あなたのご参加をお待ちしています!

作品詳細

タイトル:ALTDEUS: Beyond Chronos(アルトデウス: ビヨンド クロノス)
ジャンル:VRインタラクティブストーリーアクション
対応プラットフォーム:Oculus Quest Oculus Rift
発売日:2020年下期予定
プレイ人数:1人
CERO:C(15才以上対象)
価格:未定
ハッシュタグ:#アルトデウスBC
公式ツイッター:@chronos_series

公式サイト
https://altdeus.com/

キャスト

「ALTDEUS: Beyond Chronos」オンライン記者発表会にて発表されます。

スタッフ

監督:柏倉晴樹(VRゲーム「東京クロノス」監督、劇場アニメ「楽園追放 -Expelled From Paradise-」モーション監督)
キャラクターデザイン:LAM(「東京クロノス」「アーケードリズムゲーム WACCA」キャラクターデザイン、「専門学校HAL 2019年度CM」アートワーク)
シナリオ:小山恭平/カミツキレイニー/高島雄哉
メカデザイン:I-IV)「アルドノア・ゼロ」「Re:CREATORS」「86-エイティシックス-」メカデザイン)
音楽:郡陽介、高橋邦幸(MONACA)、kz(livetune)

ALTDEUS: Beyond Chronos

MyDearestPCダウンロード

  • 発売日:2020年12月4日
  • 価格:未定
  • 15歳以上対象
  • VR専用(Oculus Rift)
ALTDEUS: Beyond Chronos
(C)2019 MyDearest Inc. All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    最大80%オフ!「蒼き雷霆 ガンヴォルト」や「ぎゃる☆がん」シリーズなどを対象としたインティ・クリエイツのセールが実施

    最大80%オフ!「蒼き雷霆 ガンヴォルト」や「ぎゃる☆がん」シリーズなどを対象としたインティ・クリエイツのセールが実...

  2. 2
    PS VR「サマーレッスン」の各種基本ゲームパックやデラックス版が最大50%オフになるセールが実施!

    PS VR「サマーレッスン」の各種基本ゲームパックやデラックス版が最大50%オフになるセールが実施!

  3. 3
    バーチャル空間で遊ぶリアルな卓球ゲーム「VR Ping Pong Pro」のPS VR版が配信開始!

    バーチャル空間で遊ぶリアルな卓球ゲーム「VR Ping Pong Pro」のPS VR版が配信開始!

  4. 4

    VRインタラクティブストーリーアクション「ALTDEUS: Beyond Chronos」が12月4日に発売決定!

  5. 5

    バーチャルキャストなどバーチャル空間で遊べる「ワンナイト人狼VCI」が登場!

  6. 6

    「ALTDEUS: Beyond Chronos」主人公クロエを演じる鬼頭明里さんが出演するYouTubeラジオ番組が10月1日からスタート!

  7. 7

    「Déraciné」のキーアイテム「赤い指輪と青い指輪」が商品化!特製木箱入りで2020年12月発売予定

  8. 8

    キズナアイさん初のVRリズムゲーム「Kizuna AI - Touch the Beat!」が10月13日にOculus Questストアで発売!

  9. 9

    VRゲーム「サークル オブ セイバーズ」が再始動!6軸対応のHMDだけでフィールド内の自由歩行が可能に

  10. 10

    VR専用ターン制コマンドバトルRPG「ナイトオブクイーン」のサントラが配信開始!

VRゲームニュース一覧を見る