• KONAMIが提供するVRバンド演奏ゲームの魅力とは?「BEAT ARENA」先...

KONAMIが2021年3月12日より、Oculus QuestおよびOculus Quest 2向けに発売するVRバンド演奏ゲーム「BEAT ARENA」の先行プレイレポートをお届けする。

「BEMANI」シリーズに連なる多数の音楽ゲームを生み出してきたKONAMIが、初となるVRバンド演奏ゲームをリリースする。本作ではドラム、ギター、ベース、キーボードの4種類の楽器を演奏することができ(※曲ごとに演奏できる楽器は固定)、プレイヤーはそれぞれの楽器をまるで実際にライブで演奏しているような感覚で楽しめる。

ゲーム全体を通して提供されるのは、文字通りアバターがプレイヤー自身の分身となる体験だ。演奏後のバックステージではほかのメンバーのくつろぐ様子などをアバター目線で見ることができる。もちろん、豊富なアバターパーツとカラーリングにより、自身のアバターもカスタマイズ可能。基本的にはアバターの目線になることもあり、視線を向けることの多い指先のネイルカラーを設定できるのも本作ならではだ。

音楽ゲームとしての遊び方は、流れてくるノーツにタイミングを合わせるオーソドックスなものだが、そのタイミングの合わせ方に楽器ごとの特徴が出ている。ドラムでは用意されたドラムセットの位置にあわせて叩く、ギターでは左コントローラーのボタン3種に対応した弦を押さえながら右コントローラーを動かしてピックで弾く、ベースでは同じく弦を押さえながら右コントローラーのトリガーを指に見立てて弾く、キーボードは鍵盤に指を合わせる、といった具合だ。

難易度はCASUALとADVANCEDの2種類が用意されており、CASUALは各楽器の演奏方法に慣れるのにちょうど良いくらい、ADVANCEDはより曲に合わせた演奏を楽しめるぐらいの塩梅になっている。

筆者も複数回プレイしてみたが、バーチャル上に再現された楽器に自分の手の位置を合わせるということもあり、最初は上手く合わせることができなかった。だが徐々に距離感を掴んでくると、気持ちよくプレイできるようになっていった。どうしても合わない場合は、楽器の位置を変更することもできるので、自分のプレイしやすいかたちで演奏が楽しめるだろう。

また、楽曲は「BEMANI」シリーズ楽曲をはじめ、「BEAT ARENA」のオリジナル楽曲も収録。初期時点で21曲とボリュームもあり、かつ今後も追加されていくそうなので、そちらも楽しみにしておきたいところ。

オリジナルアバターを作成できる点についてはすでに触れているが、普段のプレイ時は自身を見ることは少ないため、一見すると意味のないように感じる。だが実は、プレイ中以外の要素にアバターの楽しみ方が用意されている。

本作では楽曲プレイ後にそのプレイデータを保存し、自身のプレイを改めて見ることができるリプレイモードを搭載。楽曲の歌詞表示のON/OFF機能によってミュージックビデオ風の映像を作成したり、タンバリンで会場を盛り上げるなどの仕組みもあり、楽器ごとの視点や俯瞰視点など、幅広い視点で演奏の様子を楽しめる。

加えて、フレンドのプレイデータとVR空間でバンドを結成ができる「Crossover time session(クロスオーバータイムセッション)」という機能も。こちらは環境の問題もあって今回体験することはできなかったが、お互いのアバターを見せ合う機会も随所に出てきそうだ。

今回プレイできた内容を通して、VRの音楽ゲームはプレイ中の没入感が素晴らしく、かつ楽器のバリエーションがあるという点が魅力に感じた。その一方で、バーチャル空間上にある楽器を扱うという感覚が独特で、演奏への慣れは必要になってくるだろう。それだけに、慣れた時にどれだけの体験を味わえるか、かつお互いのプレイをシェアし合うような楽しみ方も出てくるのではないかという期待を抱いている。

タイトル:BEAT ARENA
メーカー:KONAMI
発売日:2021年3月12日
ジャンル:VRバンド演奏ゲーム
プレイ人数:1人
メーカー希望小売価格:2,990円
対応機種:Oculus Quest、Oculus Quest 2
IARC汎用レーティング:3歳以上

「BEAT ARENA」公式サイト
https://www.konami.com/games/uuddlrlr-beatarena/

(C)Konami Digital Entertainment

※実際のゲームプレーとは異なる場合があります。