ダイナモピクチャーズが開発・制作を担当したVRアトラクション「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」が、ホラーアミューズメント施設「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」にて3月20日より稼働を開始する。

「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」とは

株式会社カプコンの大人気ゲームソフト「バイオハザード7 レジデント イービル」の世界をVRで実際に自らの足で歩き回るフリーロームVRホラーアトラクション。「一歩踏み出すのも恐ろしい」と“恐怖”を追求したVRアトラクションとしてご好評頂いております。

アトラクションストーリー

アメリカ・ルイジアナ州では行方不明事件が多発していた…。それぞれの理由で渦中のルイジアナ州を訪れていたプレイヤー達は、突然何者かに襲われ気を失ってしまう。気がつくと大きな屋敷の地下室に捕らわれていた!

その屋敷の家主はジャック・ベイカー。いったい誰がプレイヤー達を誘拐したのか…。幸いにも銃を所持していたプレイヤー達は、同じ境遇にある者同士、協力して脱出を試みることになる…。

特徴

2~4人のマルチプレイで、恐怖に満ちた広い屋敷の中を歩み進んでいく究極のフリーロームVRホラーアトラクションで、そのプレイフィールドは約450平方メートルにも及びます。

HTC VIVE製VRゴーグル「HTC Vive Pro」とZOTAC製バックパック型PC「VR GO2.0」を装着し、10.5メートル×7メートルのエリアを自らの足で探索します。VRゴーグルのイヤーパッドに加え外部スピーカーによる立体音響システムを使用しVRの没入感にさらなる臨場感をプラスしています。

また、スムーズなステージ切り替えにより没入感を損なうことなく「バイオハザード7 レジデント イービル」の世界を行き来する体験ができます。プレイヤーは、限られた弾丸を駆使し、仲間と協力して恐怖の屋敷から脱出を目指します。

体験リポート

カプコンTV!#129
https://youtu.be/EbQCHhbV0tI

作品概要

ジャンル:フリーロームVRホラーアトラクション
タイトル:BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR
プレイ時間:最大約20分
プレイ人数:2名~4名
プレイエリア:10.5m×7m

開発・制作:株式会社ダイナモピクチャーズ
監修:株式会社カプコン
協賛:株式会社ゾタック日本

稼働店舗「地獄のタイトーステーション くらやみ遊園地」概要

オープン:2021年3月20日(土)
所在地:〒810-0001福岡県福岡市中央区天神2ー6ー35 サザンクロスビルB1F
電話番号:092-737-5500
営業時間:平日13:00~21:00(最終受付20:30)土日祝11:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:年中無休

コンテンツ
  • 丑の刻地下病院(ホラー脱出ゲーム)
  • バイオハザード ウォークスルーザ フィアー(フリーロームVRアトラクションゲーム)
  • 迷図(ミッションクリア型ホラーアトラクション)
  • コネクテッド・ルーム(ミッションクリア型ホラーアトラクション)

URL:https://www.taito.co.jp/kurayami
Twitter:https://twitter.com/kurayamiyuenchi/
公式サイト:https://www.taito.co.jp/kurayami
Twitter:https://twitter.com/kurayamiyuenchi/
Instagram:https://www.instagram.com/kurayamiyuenchi/

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症予防対策については公式サイトをご確認ください。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Dynamo Pictures,inc

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。