• 「DYSCHRONIA」のコンセプトやキャスト情報が明かされたMyDearest...

MyDearestおよびイザナギゲームズは本日10月28日、両社のアライアンス記者会見および新規タイトルのオンライン発表会を開催した。

ニコニコ生放送およぶYoutube上で行われた今回の催し。2部制に分かれており、第1部ではMyDearest 代表取締役兼プロデューサーの岸上健人氏、イザナギゲームズ 代表取締役兼プロデューサーの梅田慎介氏から、今回のアライアンスを結ぶに至った経緯などが語られた。

プラットフォームは違えど、ともに挑戦的なアドベンチャーゲームを手掛けたきた両社。その出会いはFacebook上だったようだが、梅田氏が前作「ALTDEUS: Beyond Chronos」をプレイしていたことが縁となり、両社が共同でゲームを制作することになったそう。

今回紹介される「DYSCHRONIA: Chronos Alternate」はOculusプラットフォームのほか、Nintendo Switchでのリリースが予定されている。なぜSwitchをチョイスしたのかについて、Oculusにはコントローラーが2つ用意されていることから、SwitchのJoy-Conを用いれば同様の体験ができるのではないかと考えたそうだ。

両名によるアライアンスの調印式も執り行われた。

続いて、これまでMyDearestのVRタイトル2作で出演してきた石川由依さんも加わり、「DYSCHRONIA: Chronos Alternate」の発表会が行われた。本作はディレクターを手掛ける末岡青氏の企画からスタートしたということだが、「ALTDEUS」の開発中に20本もの企画を用意してきたというそのエネルギーを岸上氏が感じ取り、その後企画書を見たという梅田氏もアドベンチャーゲームとしてSwitchでも通用すると考えたそう。

さらに、末岡氏からの手紙を石川さんが代読。VRゲームでは両手を使って探索ができるものの、両手が同じような役割しかないことに疑問を感じ、両手で異なるアクションを行えるようにすることが企画の入り口だったそう。自分の意思で探索できるインタラクションを強化したという本作では、時間への干渉がテーマになるとのこと。

手紙を読み上げた後には、公開されたばかりのプロモーションムービーを披露。実際のゲーム映像も盛り込まれた同映像は、「東京クロノス」「ALTDEUS: Beyond Chronos」でディレクターを務めた柏倉晴樹氏が手掛けているそうだ。

本作では、特別監察官のハルとなり、舞台となる海上都市「アストラム・クローズ」で巻き起こる事件の謎を解き明かしていく。ハルの左手には「メモリーダイブ」という能力が備わっており、都市の強大なAIに対峙する、スリリングな審問アクションが楽しめるそうだ。

末岡氏からの2つ目の手紙では、クロノスユニバースに連なるゲームの世界設定について紹介。その後の出演者によるやり取りでは本作単独でも遊べるようになっていることに言及しつつ、ゲーム概要が紹介された。

今回は「夢中を超える」「VRゲーム×物語」の追求、Nintendo Switchで新しいゲームジャンルをつくるというコンセプトを掲げて制作。Switch版は物語こそ同じであるものの、ゲームプレイに関してはよりハードに合わせた作りになっているよう。また、VR版は全3章構成、Nintendo Switch版はフルパッケージ+エクストラコンテンツでリリースされる予定となっている。

本作のゲームサイクルは捜査パートと審問パートに分かれている。捜査パートでは移動しながらの探索が可能で、左手の「メモリーダイブ」によって過去の記憶にアクセスすることもできる。

そして、審問パートでは、都市の最高権力である“統合人工知能”に対峙。自らのアクションで市民の意思を変えて、盤上を支配していく。

今作の大きな特徴となるのは、プレイヤーによるプロセスが自由であること。また、手を用いた操作も独特のプレイフィールになってきそう。Switch版ならではの工夫については、アドベンチャーでありながらも両手を使って遊ぶという体験を味わえるように取り組んでいるようだ。

末岡氏以外のスタッフについては、キャラクターデザインのLAM氏、サウンドプロデューサー/ディレクターの郡陽介氏がこれまでのシリーズと同様に参加。また、シナリオは「SOUL SACRIFICE」シリーズのディレクションなどで知られる下川輝宏氏が手掛けている。

展開時期については、Oculus版が2022年春から3エピソードを順次展開。全てのエピソードがリリースされるタイミングで、Switch版がフルパッケージでリリースとなる。

ここで、本作の登場キャラクターおよびキャストが公開に。ハル・サイオン役を千葉翔也さん、ノエル・ガネット役を上村祐翔さん、リリィ役を鬼頭明里さん、マイア・ガネット役を和氣あず未さん、アッシュ・シェパード役を小林裕介さん、アイリ・クローバー役を芹澤優さん、ケイス・トウザキ役を諏訪部順一さん、システリア役をファイルーズあいさん、エレイン・コーディア役を石川由依さんがそれぞれ担当。アルバート・ラムファード役については未公開となっている。

千葉さん、上村さん、鬼頭さんからはビデオメッセージも寄せられた。

続いて、郡氏からの熱いコメントとともに、本作の各章エピソードテーマソングをYuNiさんが担当することが発表に。YuNiさんからのボイスメッセージも紹介された。

一通りの紹介が行われた後は、CAMPFIREでのクラウドファンディングが10月29日より行われること、Twitterでのリツイートキャンペーン、そして7DAYSプロジェクトと題した、クラウドファンディングの期間中に行われることが紹介された。なお、シリーズテーマ曲のシークレットシンガーについても7DAYSプロジェクトの期間中に発表されるとのこと。



発表会の最後には、ディレクターの松岡氏が自ら登壇し、視聴者に向けてメッセージを届けた。発売は来年と実際にプレイするにはもうしばらくの間は空くものの、クラウドファンディング期間の施策なども含めて、今後の展開にも注目したい。

アーカイブ配信URL
ニコニコ生放送:https://live.nicovideo.jp/watch/lv334188145
イザナギゲームズ公式チャンネルYouTube Live:https://youtu.be/OJK_4EoIVaQ
Chronos Universe Channel YouTube Live:https://www.youtube.com/watch?v=xnc6byiPTJI

(C)MyDearest, Inc. All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を元に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

人気記事ランキングTOP10

  1. 1
    「くのいちと行く!~美少女忍者と秘密の特訓~」のクラウドファンディングがPatreonで開始!

    「くのいちと行く!~美少女忍者と秘密の特訓~」のクラウドファンディングがPatreonで開始!

  2. 2
    MyDearest、マルチプレイVRゲームプロジェクト「PROJECT: GATHERING」を始動

    MyDearest、マルチプレイVRゲームプロジェクト「PROJECT: GATHERING」を始動

  3. 3
    くノ一と対話するVRアドベンチャー「くのいちと行く!~美少女忍者と秘密の特訓~」のクラウドファンディングが北米時間5月16日より開始!

    くノ一と対話するVRアドベンチャー「くのいちと行く!~美少女忍者と秘密の特訓~」のクラウドファンディングが北米時間5...

  4. 4

    初音ミク公式のVRアミューズメントパーク「MIKU LAND 2022 YOSAKURA」のイベントレポートが公開!

  5. 5

    「アイドルマスター スターリットシーズン」や「サマーレッスン」などBNEのPS4/PS VR向けタイトルを対象としたセールが実施!

  6. 6

    Oculus Quest/Oculus Rift版「Beat Saber」にハイエナジーのヒット曲を追加するミュージックパック「Electronic ...

  7. 7

    マルチプレイVRゲームプロジェクト「PROJECT: GATHERING」の公開ガチ企画討論会が生配信で実施!

  8. 8

    「RUINSMAGUS ~ルインズメイガス~」の2.5Dショートシネマ映像「不良魔法使いローグ」討伐編が先行公開!

VRゲームニュース一覧を見る